売買成立までの流れ

集合住宅

媒介契約をして行う方法

マンションを売るときにはまず価値を査定してもらうことから始めます。仲介を依頼する予定の不動産業者に依頼して査定を実施してもらい、およその販売価格を求めるのが通常です。この際にはマンションを専門家に直接見てもらって評価を受けることになり、関連する書類なども準備して提示することが必要になります。その査定価格を基にして相談を行い、販売価格を決定するというのが流れです。この前後に媒介契約を締結するという手続きが入ります。マンションを売るためには買主を募集する必要がありますが、そのための営業活動を行ってもらい、仲介を受けてマンションを売る手続きを行うための契約です。複数の不動産業者と締結できる一般媒介契約を結ぶ場合にはこのようなプロセスを複数の不動産業者と繰り返して契約を結んでいくことになります。一方、専任媒介契約や専属専任媒介契約を選んだ場合には一社としか媒介契約を結べないので一度限りです。媒介契約を結んで販売価格を決定したら宣伝広告の作成などの営業活動は基本的には不動産業者が行ってくれます。購入を希望する人が現れた場合には連絡があり、日時を決めてマンションの内覧を行ってもらうのが通常です。そして、購入申し込みがあったら売買契約を締結し、売買金額と引渡日を決定して契約内容を確認してサインをすれば売る手続きはほぼ終わります。最後に引渡日にマンションそのものと関連書類を渡し、代わりにお金を受け取ると取引完了です。