間取り図

複数への相談も必要です

大阪で設計事務所を選定していく場合には、数も多いため、情報分析をする方法としては各事務所のホームべージを参照する事です。最終的に設計事務所を特定していくには、候補となる事務所と実際に相談を重ね、対応を比較して絞っていく事になります。

間取り

売る際の基礎知識

人生に数度しかないマンション売却は大金が動くので、必要な知識を入れておくことが重要になります。おおよその流れを理解して、何が必要かを確認しておきましょう。特にマンション売却には仲介手数料や譲渡所得の税金といった費用も必要になるので、経費の計算などはしっかり行っておくべきです。

業者選びの方法

集合住宅

契約方法は3種類

大阪でマンション売却をする場合、ほとんどのケースで仲介を依頼することになるでしょう。買取という方法を選ぶこともできますが、3日〜7日程度ですぐに現金が手に入るというメリットなどがある半面で、不動産がかなり安く買い取られてしまうというデメリットがあります。かなり築年数が経過していて売れないようなマンションでもない限りは、仲介を選ぶのが一般的です。仲介の契約を結ぶ場合、媒介契約には、専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の3つのタイプがあるということを知っておきましょう。専属専任媒介と専任媒介は似ていますが、前者では親族や知人と直接交渉をして契約を結ぶことなどもできないのに対して、後者では個人で売却相手を見つけてきた場合には、契約ができるという違いがあります。どちらも契約期間は3ヶ月以内であり、3ヶ月を超える契約を結んだ場合には有効期間は3ヶ月とみなされます。大阪にはたくさんの不動産会社がありますので、複数の会社に同時に仲介を依頼したいと考える人もいます。そのような時は、一般媒介を選ぶのが良いでしょう。一般媒介の有効期間については法律上の制限がありませんが、3ヶ月の契約を結ぶケースが多いようです。大阪でマンション売却をするなら、複数の不動産会社を比較するべきですが、必ずしも一般媒介が有利であるとは限りません。マンション売却を依頼する側としては、複数の会社と媒介契約を結んだほうが有利ですが、不動産会社としては、リスクが高まりますので、コストをあまりかけられないといったデメリットがあります。大阪でマンション売却を考える時にはよく下調べをして、どのタイプの契約を結ぶのかについてもしっかりと考えましょう。

集合住宅

売買成立までの流れ

マンションを売るときには不動産業者を決めて査定を受けて販売価格を決定し、媒介契約を結んで営業活動を行ってもらいます。そして、購入を希望されたら内覧を実施し、購入申し込みを受けて売買契約を締結して引き渡すのが流れです。